カメラ制約を取り除きました!

当社が提供するカメラのみ動作可能でしたが、2021/5/11のアップデートでこの制約を取り除きました。幅広いカメラを使用できます。

接続例

マイクロスコープ、内視鏡

装置の内部や背面といった狭所の撮影に有用です。

USB内視鏡

拡大鏡

コンクリートのヘアークラックや、小部品、塗料の破片といった高倍率撮影に有用です。

USB拡大鏡
USB拡大鏡による撮影

360度カメラ

現場全体を俯瞰する用途に適しています。広範囲を撮影するカメラでは画素数が不足がちなので、高解像度モードでの使用をお勧めします。以下360度カメラ(Theta S)では2つの魚眼画像が並んで表示されていますが、2つの画像が1つに合成された状態で表示される機種もあるようです。

ThetaでWebRTC
Theta表示画像

スマートグラス(MOVERIO)

スマホ接続型スマートグラスMOVERIOの内蔵カメラはUSBカメラであり、当社アプリではこのカメラを使用できます。以下はMOVERIO BT-35Eの使用例です。

BT-35E raz.vision

WEBカメラ

市販のWEBカメラも使用できます。以下のようにWEBカメラをウェアラブルカメラにすることもできます。以下にあるカメラ取付用ベルトは近日発売予定です。

WEBカメラ
WEBカメラでウェアラブル

注意事項

  • 今回のアップデートから対応Android OSがバージョン7以降となりました。
  • 全てのカメラでの動作は保証できません。
  • 表示遅延があります。マイクロスコープ・内視鏡では気を付けて使用してください。
  • LED等光源が付いたカメラでは消費電力が高いです。スマホの電池残量に気を付けて使用してください。
  • MOVERIOを動作させるにはオルタネートモード対応スマホを使用しなくてはなりません。詳しくはエプソン社サイトをご参照ください。
  • 一般的WEBカメラは防滴処理されていません。WEBカメラをウェアラブルカメラとして使用する際は気を付けて使用してください。
  • ワテック社/ザクティ社/テクノホライゾン社では弊社販売カメラと同型のカメラを販売していますが、raz.visionの機能(例:非劣化ズーム)を使えなかったり、消費電力が高くなってしまう(スマホの電池の持ちが悪くなる)機種があります。