ウェアラブルカメラの主な用途

長く使っていただくために

買い切りならランニングコストゼロです。機材一式のリースもあります。

当社カメラご購入でベーシックプラン永久無料アカウント2つ提供

ウエアラブル通信システム ラズビジョン

適したカメラを、適した場所に!

ウェアラブルカメラ

主な用途

安全パトロール、安全巡視

現場の安全確保は最も重要な日々の業務です。ハンズフリーで現場を見渡せるカメラで安全管理を行ってください。

MCS-T291ヘルメット

安全パトロールでもっとも使われているカメラです。画角は人の視野に近い140度、暗がりでも鮮明に映ります。

安パト

遠隔作業支援

両手を使う作業、危険な場所での作業ではウェアラブルカメラは必須です。作業に適したカメラを選んでください。

MCS-W225ブラインドカバー

ヘッドライトがある現場では横に付けるカメラが有用です。

リモートアシスト

遠隔臨場

国土交通省遠隔臨場の仕様要件に適合しています。ウェアラブルカメラで現場の俯瞰、巻き尺のような細かいモノはスマホカメラで撮影できます。

メジャーやスケールはスマホカメラで撮影
遠隔臨場

生産/製造支援

設計/生産部門間のやり取りがコロナ禍で難しくなってきています。ウェアラブルカメラはその課題を解決できます。

MCS-M291A顔

細かい作業指示では視線共有が肝となります。目と目の間(眉間)のカメラは視線を共有できる最善の方法です。

海外工場とのやりとり

救命救急

救命救急の現場では刻一刻と変わる現場の状況を的確に伝えなくてはなりません。ハンズフリーは必須です。

MCS-XA412ヘルメット

強力な手振れ補正で激しく頭を動かしてもスムーズな撮影を実現します。

人命救助

災害対策

災害はいつ起こるか分かりません。ランニングコストゼロのウェアラブル通信システムはコストパフォーマンスに優れた強力な備えです。

当社カメラご購入で
ベーシックプラン
永久無料アカウント2つ提供

地震、津波、台風、洪水、火災

無償貸出実施中

まずは現場で試してください!

ウェアラブルカメラ無料貸出

ウェアラブルカメラを無償でお貸しします。必要であれば、スマホやSIMもお貸しします。

詳しくは

もっと詳しい情報

カタログ、価格、見積もり、無料貸出など